default_mobilelogo

SIPOND(エスアイ・ポンド)とは

ため池が決壊した場合の浸水想定区域を二次元不定流解析により算定するための解析ソフトです。
農研機構の「ため池DBハザードマップ簡易氾濫解析機能版」の後継ソフトとして農研機構監修のもと新たに開発されました。
単独決壊※1だけでなく、連鎖決壊※2や同時決壊※3の浸水想定が可能です。

※1 単独決壊とは、1つのため池が決壊することです。
※2 連鎖決壊とは、上流のため池が決壊し、決壊した水が下流側のため池に流入することで連鎖的に決壊が発生することです。
※3 同時決壊とは、同一地区の複数のため池が同時に決壊することです。
 

農研機構が推奨する新・ため池氾濫解析ソフト

連鎖決壊の解析アルゴリズムをSIPの取り組みにより農研機構と共同開発しました。
「ため池ハザードマップ作成の手引き(平成 25 年 5 月 農林水産省 農村振興局 防災課 発行)」に対応しています。
SIPとは rogo isp2
 総合科学技術・イノベーション会議が自らの司令塔機能を発揮して、府省の枠や旧来の分野の枠を超えたマネジメントに主導的な役割を果たすことを通じて、科学技術イノベーションを実現するために新たに創設するプログラムです。
出典:内閣府ホームページ
 

解析・導入実績

解析実績

北海道・東北地方(8件)、関東・中部地方(13件)、近畿地方(19件)
中国・四国地方(10件)、九州地方(4件)

導入実績

25都道府県の各種団体

(2018年3月末時点)

sip rogo

rogo nokenrogo nita