default_mobilelogo

製品情報

お客様のニーズに応じて、試用版・Standard版・Professional版 の3つの製品を用意しております。
試用版
  • 無料でダウンロード
  • Standard版とほぼ同じ機能をお試しください
Standard版
  • 簡単な氾濫解析
  • ライセンス契約が必要です
Professional版
  • 詳細な氾濫解析
  • ライセンス契約が必要です

  試用版 Standard版 Professional版
連鎖決壊解析 最大3ため池
(同時決壊解析には未対応)
同 左 最大7ため池
(同時決壊解析に対応)
流出流量 Costa(コスタ)式
任意作成データ
同 左 Costa(コスタ)式
Froehlich(フローリッヒ)式
任意作成データ
解析時間 最長10分 最長1時間 最長12時間
地盤高種類 基盤地図情報5m・10m
任意作成データ(CSV形式)
同 左 同 左
編集機能 編集不可 同 左 メッシュ単位で編集
土地利用条件粗度係数 解析範囲に一律で設定 同 左 メッシュ単位で設定
建物占有率 設定不可 同 左 メッシュ単位で設定
降雨条件降雨 設定不可 同 左 解析範囲に一律で設定
排水路・小河川排水路 設定不可 同 左 メッシュ単位で設定
微地形盛土 設定不可 同 左 メッシュ単位で設定
畦畔 設定不可 同 左 選択したメッシュに一律で設定
結果表示洪水到達時間※1 基準値を0.2mで固定 同 左 任意の基準値に設定
浸水時間※2 基準値を0.2mで固定 同 左 任意の基準値に設定
 

※1 洪水到達時間・・・解析開始から浸水深が基準値に達するまでに要する時間。
※2 浸水時間・・・浸水深が最初に基準値を超えた時刻から最後に基準値を下回った時刻までの時間
 

価格

解析するため池を都道府県単位、市区町村単位、ため池単位のいずれかからご注文いただきます。
価格設定は A)基本パックB)都道府県パック・市区町村パックがございます。
詳しくは SIPONDご利用案内 (p.1〜3の価格表)をご覧ください。

A)基本パック
[STD版:8.5万円〜][PRO版:26.5万円〜]

解析を行うため池をため池単位でご契約いただきます。
解析を行うため池の数によって費用が変動します。

<初期導入費>

初期費用 ライセンス価格 ため池設定費用
(6万円)   (STD版:0円、PRO版:18万円〜)   (2.5万円/ため池)

B)都道府県パック・市区町村パック
[STD版:12万円][PRO版:48〜132万円]

解析を行うため池を都道府県、もしくは市区町村単位でご契約いただきます。
STD版は国および自治体、またはそれに準ずる組織のみを対象とします。

<初期導入費(都道府県パックの場合)>

初期費用 ライセンス価格
(12万円)   (STD版:0円、PRO版:36万円〜)
※ STD版:Standard版の略称、PRO版:Professional版の略称
 

動作環境

OS Windows 7 (SP1) / 8.1 / 10 64bit が動作する機種
CPU Corei5以上のCPUを推奨
ディスプレイ ビデオカード1280×768ピクセル以上の画面領域(解像度)
メモリ 必須 4GB 推奨 8GB以上
ハードディスク 1GB以上ディスク空き容量
マウス ホイール機能付き
その他 USBポート Type-A
 

sip rogo

rogo nokenrogo nita